最初に必要なインテリア:一人暮らしで月3万円余る節約術
最初に必要なインテリア:一人暮らしで月3万円余る節約術
一人暮らしの節約術TOP 快適な一人暮らしのために 一人暮らしリンク集 サイトマップ

人気の引越し見積もり業者
90社以上から簡単見積もり
簡単!無料の引越し見積もり
一人暮らし・単身引越し向け一括見積もり
一人・単身向け見積もりサイト
管理人も利用のオススメアクティブ引越しセンター
親切・融通が利く!オススメ
わずか1分!簡単手順であなた要望に合った引越し業者が見つかります単身引越し向けならではのサービス・激安価格の業者盛りだくさん管理人も3回もお世話になっている、激安・丁寧・親身の3拍子業者

HOME >> 最初に必要なインテリア

一人暮らし 照明の選び方

一人暮らし部屋にとって照明は大切な1アイテムです。人によって好みも分かれると思います。部屋の模様替え・部屋の雰囲気を変えるのに照明で全然雰囲気が変わります。マンションによっては最初から付いてるものもあると思います。基本的には、白っぽい光を出す蛍光灯だと思います。蛍光灯の光は、昼間とあまり違わない白っぽい光をだし人を活発に行動させてくれます。部屋全体明るいです。また、電気代も安くすみます。電球が切れたら、電球にワットとサイズが書かれてるので同じ物を買いましょう。リラックスしたい方は、間接照明がオススメです。先程も言いましたが、蛍光灯の明かりは、昼間と変わらない明かりなので人を活動的にする傾向があり、リラックスできる明かりではありません。オレンジ色の明かりを出す間接照明は、心も落ち着かせてるリラックスさせる効果があります。間接照明を使うポイントは、夕日・焚き火を思わせるような低い位置使うとリラックスさせる効果があることです。テレビの後ろの下から間接照明の明かりをだすのも効果あります。自分を正面から照らす位置には置かない方がよいです。どこに間接照明おいたらいいか分からない方は、まずTVの後ろに間接照明を置いて、低い位置に自分を真正面から照明が当たらないところに置く事だけ守り好きなところに照明を置いて見ましょう。そんなリラックスムードの中、本・雑誌を読みたい方は手元にライトがあたるように照明を持っていきましょう。蛍光灯の明かり似慣れてる方もたまには、いいですよ。また寝つきが悪い方も1度試してみてください。リラックス効果で深い眠りにつけるかも・・・

一人暮らし

一人暮らしのテーブル・デスク選び

一人暮らしテーブル・デスク選びテーブルは、ソ ファを置くかどうかでどの高さのテーブルにするか変わると思いますが、どちらにしても多くの方が食事用のテーブルと兼用すると思います。ダイニングテーブルとセンターテーブル(座卓)を同時に置く人少ないです。一つのテーブルでいくつもの使い方をすることがお部屋を広く使うコツです。では、パソ コンも、仕事も、そのテーブルですればいいのですが、地べたに座って勉強するのは長時間はちょっときついです。椅子に座り机に向かって勉強する方が姿勢が楽で、長時間勉強できます。置くスペースがなくちゃぶ台を使い仕事・勉強する方は、座椅子を使い背もたれがあるものを使いましょう。またこんな手もあります。折りたたみのデスク&チェアです。仕事と勉強する時だけだして、使わない時は折りたたんでしまって置く、場所とらず大変便利です。

一人暮らし

一人暮らしのカーテン選び

一人暮らしカーテン選び初めて一人暮らしする多くの方はあまり買った経験がないものだと思います。私のオススメは、「遮光性カーテン」です。外からの光をまったく遮ってくれ、ゆっくり休みの時など真っ黒な部屋で昼まで寝れます。(笑)外の光を遮ってくれるだけではありません。中の光も、外にもらさないため今部屋にいるのかいないのか分かりにくいので、防犯対策にもなります。女性の方はあまりにも「女の子だよー」というカーテンは、やめときましょう。泥棒・ストーカーがいますので!遮光性のカーテンは、プライバシーを守るのに大変活躍するカーテンです。遮光性カーテンには、遮光1級・2級・3級があります。1級は、100〜99.9%光を遮断します。基本的に光は入ってきません。明るい色のカーテンでも外から見て何色のカーテンなのか分かりません。2級は、99.98〜99.80%光を遮断してくれます。1級に比べれば生地の厚さで、光をとうす場合がありますが、昼間暗くして寝たい方。2級でも光をあまり通さないので十 分寝れますよ。3級は、99.79〜99.40%光を遮断してくれます。昼間の光は、通します。遮光以外のカーテンよりは、光を遮断してるのですが・・・遮光以外完全に光を通しますね。光が差し込んできて、カーテンの柄まで外から見てもはっきり分かります。なので私的には、遮光カーテンの1級・2級をオススメします。素材が分かったらカーテンのサイズです。サイズを測るには、幅はカーテンレールの長さを計ります。1cmぐらい長く測っておいたほうが良いでしょう。2枚カーテンをつける場合は、カーテンレールの半分です。丈の長さは、カーテンレールについてるフックから地面まで測って、-1cmが理想です。マンションによっては、即製カーテンのサイズではない場合があります。丈直しや、オーダーを受けてるショップもあります。丈が短いと光を通すし、熱を逃がすことになるのでなるべく窓にあったカーテンを選びましょう。

一人暮らし

最初に必要なインテリア寝具

一人暮らし人間寝ないと駄目ですから、インテリアで必ずひつようなのが、ベットor寝具でしょう!インテリアの中でもベットは、1番に場所をとります。1番最初にインテリアで購入したいものです。選ぶときはサイズに気を付けてくださいね。仕事をしてる人でよく耳にするのが、「仕事して、ご飯食べて、寝るだけ」そんな方には、ふとんよりベットがオススメです。仕事で疲れてるからすぐに布団に入りたいのでしょうし、布団だといちいち敷かないといけません。引越しの時の移動に便利なのは、パイプベットです。主に組み立て式で、軽いです。シングルベットは、種類も豊富にたくさんいろんなデザインがありますので、自分の気に入ったテイストのものを買いましょう。部屋の場所を広く使いたい人は、折りたたみベットという手もあります。部屋にソ ファも置きたいベットも置きたいよくばりなあなたは、ソ ファベットが良いのでは?ソ ファとベットの役をする1つで2役です。ただ、ソ ファベットはソ ファの時布団をしまい。ベットの時に布団を出すということをしなければいけませんが・・・寝てて疲れが取れない方いらっしゃいませんか?精神的に疲れが取れない方もいらっしゃると思いますが、布団の重さにも関係あります。布団の重さが、重いと少しずつ体に重圧がかかってます。だから疲れが取れないのです。普通の布団は2kgぐらいですが、羽毛布団だと1.4kgぐらいです。もっと軽い0.8kgなんてものもあります。

一人暮らし

一人暮らしを始める時に必要なインテリア

一人暮らし人によって違うと思いますが、一人暮らしの部屋に必要なインテリアは・ベット(寝具)・カーテン・照明・テーブル・収納がまず必要だと思います。自分がどのようなテイストの部屋にするか、部屋のサイズ・家具のサイズを測りながらで選んでいきましょう。

一人暮らし

■「最初に必要なインテリア」に関する情報のジャンル別の目次


もっと賢く節約するメニュー
延滞料・入会金・送料無料のツタヤディスカス公式サイト 延滞料・入会金・送料無料のツタヤDISCUS
宅配DVD&CDレンタル「TSUTAYA DISCAS」は日本最大級のオンラインDVD&CDレンタルショップです。 会員数は65万人を突破! 在庫枚数は日本一の250万枚以上をご用意しております!入会金、年会費などの初期費用は一切無料。 さらに、送料、延滞料も無料です!お好きな期間DVD/CDをお楽しみいただけます。もちろん、24時間いつでもネットでDVD&CDのレンタルOK。今なら、最大1ヶ月(30日間)無料お試しレンタル実施中!
詳しい情報を見る

一人暮らしde節約術 〜目からウロコ〜
一人暮らしde節約術 電気代の節約
一人暮らしde節約術 電話代の節約
一人暮らしde節約術 ガス代の節約
一人暮らしde節約術 暖房費の節約
一人暮らしde節約術 新聞代の節約
一人暮らしde節約術 エアコンで節約
一人暮らしde節約術 照明で節約
一人暮らしde節約術 掃除機の節約
一人暮らしde節約術 洗濯で節約
一人暮らしde節約術 待機電力の節約
節約術でもっと目からウロコを落とす

一人暮らしならでは!B級グルメレシピ!
一人暮らしdeB級丼 アボカ丼
一人暮らしdeB級丼 イタリアン丼
一人暮らしdeB級丼 モ○バーガー丼
一人暮らしdeカルボナーラ風ラーメン
一人暮らしdeサラミラーメン
一人暮らしdeタイ風味カップメン
一人暮らしde塩辛スパゲティー
一人暮らしdeB級グルメレシピ募集!




[PR]ヒルズダイエットの効果,不動産担保ローン

TOPページへ運営者情報リンク集料理レシピお問い合わせ

最初に必要なインテリア:一人暮らしで月3万円余る節約術